お金持ち投資-テクニカル編

トレンドってなに?

投稿日:2017年1月20日 更新日:

トレンドってなに?

トレンドとは、株の値動きの大まかな傾向のことであり、株の売買においてはトレンド(方向性)を見極めることが非常に大切です。トレンドには「上昇」「下降」「もみ合い(横ばい)」の3つがありますが、株価が上下動しながらも、大まかな傾向として上昇している状態を「上昇トレンド」、下降している状態を「下降トレンド」、横ばい状態を「もみ合い(横ばい)トレンド」といいます。

株の売買で勝率を上げるためには「上昇トレンド」のような局面を狙うことがとても大切になります。また「もみ合い(横ばい)トレンド」の時も比較的売買はしやすいでしょう。トレンドが確認できれば、上昇トレンドなら「押し目(上昇の途中で一時的に下げる局面のこと)を狙って買い、ある程度上場したら売る」という売買を繰り返したり、もみ合い(横ばい)トレンドなら「ボックス(一定の範囲)の上下動の中で、下限で買って上限で売る」という売買を繰り返すなどの戦略をとることができます。

トレンドを見極めるコツとしては、株価チャートからだいたいの方向性を見る、高値や安値の切り上がり・切り下がりの動きを見る、「トレンドライン」や「移動平均線」などの補助線を使う・・・などがありますが、まずは、株価チャートを見てだいたいの傾向をつかむことが大切です。そしてさらに厳密にトレンドを見ていくために、高値や安値をチェックします。高値や安値が順調に切り上がっていれば上昇トレンドが継続していると考えられますし、高値を上に抜けないまま、前回の安値を下に更新する形になってしまうと、トレンドが下降に変わった可能性があります。そしてトレンドの判断にさらに大きな力を発揮するのが「トレンドライン」や「移動平均線」などの補助線です。

-お金持ち投資-テクニカル編

Copyright© 初心者のための投資情報サイト by Tradelife Consulting, Inc. , 2017 AllRights Reserved.