初心者のための株式講座

株ってなに?

投稿日:2017年1月20日 更新日:

株ってなに?

株とは、株式会社が発行するものです。株式会社は、株を大勢の人に買ってもらうことによって集めた資金で、事業を始めたり拡大したり、投資をしたりして、経済活動をしています。株を保有している人を「株主」といいます。

株主は、その会社の事業が順調に拡大して利益がたくさんあがれば、その利益を「配当」として、銀行預金の利子のように年に1~2回受け取ることができます。これを配当益(インカム・ゲイン)と呼びます。 株で得られる利益にはもうひとつ、値上がり益(キャピタル・ゲイン)がありますが、これは、購入時より値上がりした保有株を市場で売却することで得られる利益のことです。

日本には株式会社が約107万社ありますが、市場で株を取り引きできるのはそのうちのわずか約4000社だけです。市場で取り引きできるようになることを「上場」といいますが、上場するには様々な厳しい条件をクリアする必要があるためです。

株の売買単位は、かつては1000株単位がほとんどでしたので、株価が1株1000円だとしたら、1銘柄(1種類)の株を買うのに100万円が必要でした。しかしその後100株単位や10株単位、1株単位など、売買単位を変更する会社も増え、以前よりもずっと少額の資金で株取引ができるようになりました。

また、東京証券取引所をはじめとした全国の証券取引所は、2018年10月1日を期限にすべての上場会社の株式の売買単位を100株単位に変更することとしています。

これにより、現在では100株単位で取引できる会社が70%以上となっています。

-初心者のための株式講座

Copyright© 初心者のための投資情報サイト by Tradelife Consulting, Inc. , 2017 AllRights Reserved.