相場の格言集-ま行

相場の格言集-ま行

曲がり屋に向かえ

曲がり屋というのは徹底してツイていない人のこと。やることなすことがハズレるので、曲がり屋が買えば売り、売れば買うというように、曲がり屋を逆張りの指標にして反対売買をすれば、利が得られるという格言。

見切り千両

見込みがない時は損を承知で売ることが大切であるという格言。

「もう」は「まだ」なり、「まだ」は「もう」なり

相場の上昇でも下降でも、「もういい頃」と思うときは「まだまだ」であり、逆に「まだ大丈夫」と思うときは、「もう」変化する時分だという意味の格言。

森を見て木を見ず、木を見て森を見ず

森とは相場全体を指し、木とは個々の銘柄を指す。どちらか一方だけ見ていてもよい結果は出せないという意味の格言。

保合い放れにつけ

一定の価格帯で動いている相場=保合い相場は、いつか動く時がくるから、その保合い圏を放れた時は、それに追随するのがよいという格言。

戻り待ちに戻りなし

下げ相場になって売りそこなった人が、少しでも高く売りたい気持から戻りを待つが、その期待もむなしく相場はどんどん下がり、ついに大底で投げる羽目に陥るということ。

相場の格言集

投稿日:2017年1月21日 更新日:

Copyright© 初心者のための投資情報サイト by Tradelife Consulting, Inc. , 2017 AllRights Reserved.