相場の格言集-か行

買いたい弱気、売りたい強気

株式投資の基本は、あくまでも自己判断が大前提となっており、ある意味それは、孤独な世界といえるかもしれません。株式投資を決断するに当って、周りに意見を求めようとし、自分の判断を正当化しようとする傾向にありがちです。そしてやがては、希望的観測に陥ってしまいます。それを説いたのが、この格言です。

買いにくい相場は高い

安いからというそれだけの理由で、株式を買う人がいます。相場全体が割安の水準にある時ならば、この方法は生きてくるのですが、普通の状態で特定のある株式だけが安値にあるからといって無条件で買うと、全く上がらない場合が多いものです。株価が安い位置にあるのには、それなりの理由があり、それとは逆に、株価が高いのにはそれなりの理由があるということです。好業績、成長期待、更に人気のも加わって高水準を維持してきます。ただ株価が高いという理由で敬遠していては、良い相場に乗れないという意味の格言です。

株が高いときは最上に見え、安いときは最低に見える

相場全体が加熱している時には、一般投資家は「今買わなければ損」とばかりに資金を株式市場につぎ込むのである。反対に、株安が続くと株式投資への関心は薄れるので、株の人気は低くなるという意味。

株価の里帰り

相場全体にリズムがあり、上昇と下降を繰り返すように、個別銘柄の動きにもサイクルがあるという意味。今は手が出せないような高値になっている株でも、待っていればいつかは過去の株価まで戻ることが多い。「株価はもとの古巣に帰る」と同様の格言。

金のなる木は水では生きぬ、汗をやらねば枯れていく

投資は研究第一であるという意味の格言。コストをかけて研究資料を集めるのは、投資家にとって大切な要素の一つです。

風が吹けば桶屋が儲かる

「風が吹くと砂ぼこりが出て盲人が増え、盲人は三味線をひくのでそれに張る猫の皮が必要となって猫が減り、そのため鼠が増えて桶をかじるので、結果的に桶屋が繁盛する」と言う意味から、何か事が起こると、めぐりめぐって意外なところに影響が及ぶと言うこと。この格言は、何でも材料にしてしまう株屋を皮肉った意味でも使われることがあります。

閑散に売りなし

大きな動きを繰り返した相場において、ある時から上にも下にも行かず、いわば無風状態になることがあります。これを「もち合い」と言います。このもち合い状態は、値幅がなくなるにつれ出来高が減少していき、ついには全く株価が動かなくなります。株価が動かなければ、売り買いどちらも手が出せなくなり、市場は閑散(カンサン)としていきます。もち合い状態が長く続いた終焉で、長期間我慢していた投資家がいっせいに買い始め、そして売り込んだ人も買い戻しに入って、意外な上昇相場が登場します。「閑散に売りなし」とは、もち合い状況で安易にカラ売りする行動を避けることを説いた格言です。

逆日歩に買いなし、逆日歩に売りなし

信用取引で、空売りが空買いを上回って株不足となったとき、買い方は逆日歩が入ってくるので有利であるが、一方で売り方が買い戻しに出るので、勢い余って買い進まれ、株価が高騰することになる。こうした株は、逆日歩が解消された途端に本来の「売り」に反転し、株価が急落するケースが多いという意味の格言。

罫線は相場師の杖である

相場が安値圏なのか、高値圏なのか、トレンドは上昇トレンドか、下降トレンドなのか、過去の高値や安値はいくらなのかといった事を知る上で、罫線(チャート)は大変必要なものであるという格言。

罫線屋、罫線引き引き足をだし

罫線(チャート)分析が数ある投資分析のひとつであることを忘れると、振り回されて足(損)を出すケースもあるということを皮肉った格言。多くのチャート分析手法がありますが、実際には局面ごとの使い分けが重要とされています。

決して相場巧者となるな、まして場面巧者となるな

勘やそれまでの経験に頼ってうまくいくこともあるが、その場のアヤで稼ぐような投資では長く利益をあげ続けることはできないという格言。売ったり買ったりをその場しのぎで繰り返していくのでは、いつか大きくケガをすると戒めた言葉。

国策には逆らうな

経済や企業の業績は国の政策に影響を受けますから、それを無視してはいけないという意味。株式市場では、正しいかどうかよりも、実際に企業に影響があるかどうかの方が重要であり、「国策」が正しいかどうかよりも、どのような影響があるかを考えることが大事です。

相場の格言集

投稿日:2017年1月21日 更新日:

Copyright© 初心者のための投資情報サイト by Tradelife Consulting, Inc. , 2017 AllRights Reserved.