お金持ち投資-テクニカル編

チャートパターン(6)「ボックス」

投稿日:2017年1月20日 更新日:

基本のチャートパターン(6)「ボックス」

「ボックス」のパターンとは、一定の水準(これをボックスと呼ぶ)を行ったり来たりしている形のことです。売買ポイントについてはチャートを見れば明らかで、「ボックスの下限近辺まで下落」すれば買いシグナルとなり、「ボックスの上限近辺まで上昇」すれば売りシグナルとなります。

ボックスの形が崩れたと感じられる水準まで株価が下落したら、損切りポイントです。ボックスの下限よりも下の水準に「逆指値」の売り注文を出しておくのがよいでしょう。なお、一見ボックスの動きに見えても、業績が不安定であったり出来高の薄い株の場合には、突然形が崩れて急落することもあるので注意が必要です。

-お金持ち投資-テクニカル編

Copyright© 初心者のための投資情報サイト by Tradelife Consulting, Inc. , 2017 AllRights Reserved.