お金持ち投資-基礎知識編

公募増資ってなに?

投稿日:

会社が資金を調達する方法には、銀行から借り入れたり、社債を発行するなどのほかに、株式市場から調達する「公募増資」というものがあります。公募増資とは、株式を新たに発行して均一の条件で販売することで、「公募」といったりもします。

公募増資が行われる際には、「公募による新株式発行のお知らせ」などという見出しで、会社のIR情報や証券会社などで募集の告知が行われ、公募価格、発行株数、申込期間などが示されます。

公募増資を行うと発行済み株式数が増えますので、1株当りの利益は減少することになります。企業の成長には多くの資金を必要としますので、公募増資は決して悪いことではありませんが、公募増資で得た資金をどのように活用するのかが重要になってきます。新規事業への投資なのか、借入金の返済にあてるのかなど、公募増資の発表があったらその理由をチェックすることが大切です。

なお、「株式の売り出し」とは、すでに発行済みの株式を証券会社を通じて均一の条件で一般投資家に販売することであり、市場で流通する株式数は増えますが、発行済み株式数や1株当りの利益は変わりません。株式の売り出しと公募増資を同時に行う会社も少なくありませんが、両者の違いを理解して判断に役立てましょう。

-お金持ち投資-基礎知識編

Copyright© 初心者のための投資情報サイト by Tradelife Consulting, Inc. , 2017 AllRights Reserved.