お金持ち投資-基礎知識編

上場廃止について

投稿日:

上場廃止とは、証券取引所が定める株式上場廃止基準に基づき、株式の取引を止めることです。かつては不景気で倒産などによる上場廃止も目立っていましたが、最近では粉飾決算など企業の不祥事によるものが目立ちます。また、株式の発行会社が合併などのために株式交換を行う場合にも、株式交換実施日に以前の銘柄の上場が廃止されます。

東証第一部などに上場している会社の倒産が増えたりすると、東証市場全体の信頼までも低下させることになりますので、東証は、債務超過の基準短縮や、時価総額に関する基準を新たに追加するなど、市場の信頼を高めるために上場廃止基準を厳しくするなどの取り組みを行いました。会社は、上場基準さえクリアして一度上場してしまえば後はどうでもいいというわけではなく、上場後も上場基準を満たして投資家に支持され続ける必要があるのです。

倒産の場合は株券も紙切れ同然になりますが、上場廃止になっても企業が存続する場合は、株を保有し続ければそのまま株主として残ることになります。しかし上場廃止によって市場で自由に売買ができなくなりますので、極端に流動性が低下してしまうことになります。

-お金持ち投資-基礎知識編

Copyright© 初心者のための投資情報サイト by Tradelife Consulting, Inc. , 2017 AllRights Reserved.