お金持ち投資-基礎知識編

ストックオプションってなに?

投稿日:

「ストックオプション」は「自社株購入権」ともいい、「役員や社員などが、一定期間内にあらかじめ決められた価格で自社の株を買える権利」の事をいいます。「あらかじめ決められた価格で」というのがポイントで、その価格(=権利行使価格)よりも株価が高くなれば利益が得られ、逆に株価が下回っている場合は、権利を行使しなければ損をすることもありません。したがってこれは報酬的な意味合いが強い制度となります。ストックオプションの株式については、会社側がそのために新しい株を発行するか、株式市場から買い付けた自社株を確保しています。

ストックオプションの目的には、「優秀な人材の確保」や「社員の意欲の向上」などがあります。ボーナスなどの今すぐ現金でもらえる報酬とは違い、将来の業績次第でもらえる額が変わってくることから、役員や社員は会社が成長するように一生懸命仕事を頑張り、それが会社の業績の向上へとつながることを期待できるわけです。結果として業績が上がれば株主にとっても好影響となります。役員を対象にストックオプションを導入することによって、「株価を意識した経営を行います」というPR効果を狙う場合などもあります。また、ストックオプションの対象をパート社員やアルバイトまでに広げている会社も登場してきています。ストックオプション制度をその会社の業態に合わせてうまく活用し、社員のやる気を引き出して業績に結びつける会社がこれからたくさん誕生してくるかもしれません。

-お金持ち投資-基礎知識編

Copyright© 初心者のための投資情報サイト by Tradelife Consulting, Inc. , 2017 AllRights Reserved.