お金持ち投資-ファンダ編

従業員持株会ってなに?

投稿日:

「従業員持株会制度」とは、従業員が自分の会社の株を給与天引きで積み立てて買う制度のことです。福利厚生の一環として会社が奨励金として補助してくれるケースが多く、持株会が各社員から天引きした投資金額をまとめて、窓口となって自社株を購入します。会社にとってのメリットとしては、従業員の士気や経営参画意識を高める効果が期待できたり、持株会の購入額が増えれば従業員持株会が安定株主になってくれることなどがあります。

四季報の大株主欄に従業員持株会が登場しているケースもよくあります。従業員にとっては1000円などの小額から株式を購入できるのがメリットで、こつこつ買って単位株に達せば売却も可能です。ただし売る際には株券の名義を持株会から自分へと変更する手続きなどもあり時間がかかりますので、今日株価が上がったから今すぐ売るというようなことはできません。長期的な資産形成を目的に行う投資であるといえるでしょう。なお、会社を退職する際にはそれまで購入した分を一括して受け取ることになります。

-お金持ち投資-ファンダ編

Copyright© 初心者のための投資情報サイト by Tradelife Consulting, Inc. , 2017 AllRights Reserved.