お金持ち投資-ファンダ編

企業の業績をチェックしよう

投稿日:

会社の業績推移は、「四季報」や会社のホームページに掲載されている決算資料の中の「損益計算書」で知ることができます。売上高と3つの利益(営業利益、経常利益、当期純利益)が、業績をチェックする上での基本となります。

まず売上高を見ることで、その会社の事業規模がわかります。何兆円もするところもあれば数億円のところもあります。売り上げは利益の源泉なので、順調に伸び続けているか、それとも横ばいだったり減少傾向なのか、といった推移を見ることも大切です。過去数年間と今後の予想を見ることで、その会社の成長性をチェックしてみましょう。もう成熟している会社もあれば、今後もまだ成長が続きそうな会社もあるでしょう。

営業利益は、売上高から「売上原価」と人件費・広告費などの「販売費及び一般管理費」を引いて求めます。営業利益=本業による儲けということになります。

経常利益とは、営業利益に営業外の利益と損失をあわせたものです。利息収入や支払利息、株取引などによる利益や損失もここに反映されます。経常利益=本業と副業による儲けということになります。

そしてこの経常利益に特別利益と特別損失をあわせ、さらに法人税などの税金を引いたものが当期純利益です。特別利益(損失)とは、災害での損失や、土地などの固定資産を売却して得た利益のことをいい、最近ではリストラ特損などという言葉も見かけるように、リストラを行うことによって発生する一時的な損失の事なども含まれます。

同じ額の利益をあげている会社があったとしても、それが本業が好調で出ている利益なのか、土地などを売却してあげた利益なのかでは評価も変わってきます。他にも、売上高は去年と同じにもかかわらず営業利益が増えていたら、業務の効率化などが進んでいることが伺えるでしょう。業績をチェックする際には、最終的な純利益だけでは見えない部分も把握することが大切なのです。

-お金持ち投資-ファンダ編

Copyright© 初心者のための投資情報サイト by Tradelife Consulting, Inc. , 2017 AllRights Reserved.