お金持ち投資-応用実践編

逆張りと順張りについて

投稿日:

株式の投資法には大きくわけて「逆張り」と「順張り」とがあります。相場には一定期間、一定方向へと動く「トレンド」と呼ばれるものがありますが、このトレンドに乗って収益を挙げるという考え方が順張りで、一方、相場のトレンドは考慮せず、株価が高くなれば売り、安くなれば買うという考え方が逆張りです。

逆張りでは、人気が高く株価の割高な銘柄は避けて、人気の圏外にあって株価が割安な銘柄を買い、人気が出てきて株価が値上がりするまで辛抱強く待ち続けるという方法もあり、今は業績が低迷しているものの、数年後には業績が向上して高収益になりそうな銘柄が狙い目です。これに対して順張りでは、人気があって株価上昇が続いている銘柄を買い、ある程度値上がりした時点で売却して利益を確保します。つまり、トレンドに乗ってみんなが買う銘柄を一緒に買い、みんなが売りに転じたら一緒に売り抜けるのです。順張りの投資法は、比較的短期間に結果が出るため、せっかちな投資家に適していますが、成功させるためには買いも売りも機敏に行うことが必要です。みんなが買い終えたあとに買い、みんなが売り終えたあとに売ったのでは、高値を買って安値を売る最悪の投資法になってしまうからです。

一般的には、短期売買では順張りが、中長期投資では逆張りが適しているといわれます。順張りの場合、人気銘柄は株価が業績などと比べすでに割高になっていることが多いため、いつ値下がりに転じるかわからない恐さがあります。天井を打ってトレンドが転換すると大きく値下がりする可能性があるため、見通しが外れて値下がりした時には損を最小限に止めるよう早目に売り逃げる必要があります。一方、逆張りの場合は、トレンドに逆らって下落していく途中で買うため、どこまで下落が続くかわからないというリスクがあります。株式投資で大きな利益を上げている投資家の多くが逆張りを実践していますが、逆張りは、根気があって辛抱強く、資金的にも余裕のある投資家に適しているといえます。

-お金持ち投資-応用実践編

Copyright© 初心者のための投資情報サイト by Tradelife Consulting, Inc. , 2017 AllRights Reserved.