お金持ち投資-応用実践編

業績相場と金融相場ってなに?

投稿日:

相場には大きく分けて業績相場と金融相場があります。好景気や好調な企業業績を背景に株式が買われ、上昇相場に発展するのが業績相場です。これに対して、不況で企業業績が低迷しているにもかかわらず、金融緩和や企業の設備投資の手控えなどによって、企業の行き場のない資金が大量に株式市場に流れ込んで、株価が上昇するような相場を金融相場といいます。つまり、景気が低迷している時に大相場になるのが金融相場です。使い道のない企業の余剰資金が投機資金として大量に株式市場へ投入されるため、通常では考えられないようなハプニングがいろいろ起き、投資家を驚かせることもしばしばです。鉄鋼株、造船株などのような、いつもは値動きの重い低位の大型株が人気を集め、異常な値上がりをすることがあります。その一方で、業績好調のハイテク株が安値圏に放置されていたりすることもあります。金融相場では、業績を無視して需給関係だけで銘柄が買われる傾向が強く、「需給相場」とも呼ばれます。

金融相場は、景気が回復するにつれて終焉を迎えます。景気の回復にともなって企業業績も回復し、設備投資が活発になることから、企業の余裕資金が株式から設備投資へとシフトされるためです。その結果、株式市場では金融相場から業績相場へと転換し、業績の裏付けのある銘柄が買われ、業績が低迷している銘柄は売られます。業績相場で買われるのは、増益幅の大きな銘柄や業績変化率の大きな銘柄であり、相場の主役は業績が好調なハイテク株や優良株などへと交替していきます。業績変化率の大きな銘柄とは、これまで低迷していた業績が見違えるほどよくなる見通しになるとか、これまで業績が好調だった銘柄が今後さらに大きく利益を伸ばすといったように、業績の変化が著しいことをいいます。これまでの好業績や高収益は現在の株価にすでに反映されており、今後値上がりするためには、さらに業績がよくなり収益力が向上することが予想されなければなりません。したがって、業績変化率の大きな銘柄が業績相場で人気を集め、大きな値上が期待されるのです。

-お金持ち投資-応用実践編

Copyright© 初心者のための投資情報サイト by Tradelife Consulting, Inc. , 2017 AllRights Reserved.